人気記事

2021年9月21日火曜日

白い蛇の根。White Snakeroot

Aug 2021 Minnehaha Creek

散歩で見つけた、白い花。

英語名
White Snakeroot
(ホワイト スネークルート)

日本語に直訳すると…
「白い蛇の根」
…と言う具合かな?

散歩をしていると、結構頻繁に見かける、この白い花。
かわいいお花~と思って写真を撮った。

けれど、人間とは勝手な物で、この名前を知った途端に…そのかわいさが「罠」のように見えてきた。

そして、蛇のようにうねる根っこや、蛇が寄って来る根っこや、蛇のように毒のある根っこを、勝手にいろいろ想像してしまったおかげで、すぐにこの名前を覚えてしまった。

でも、実は「根に、蛇に咬まれた傷を治す効果がある」と信じられていたために付けられた名前だそうで、特に悪い意味でつけられた名前ではないらしい。
(注!!ヘビの咬傷への治癒力は科学的に実証されていない)

Aug,2021 Minnehaha Creek
しかし…ここですっかり安心してはならない。

葉と茎に毒性があるそうで、このWhite Snakerootを食べた家畜の乳を飲んだり、肉を食べたりしたら、その毒に侵され、Milk Sicknessと呼ばれる病にかかり、死に至ることもあるという。しかも、成長中の葉や茎だけでなく、干し草になっても、毒性は残るそうな。

アメリカの1900年代(開拓時代)には、White Snakerootで命を落とした開拓者も多く、アブラハム・リンカーンの母親のナンシー・ハンクス・リンカーンも、このMilk Sicknessで命を落としたのだそう。
(現在は、牧草管理の改善と、複数の牛の牛乳を混ぜることにより、市販の牛乳にMilk Sicknessの危険性はないとのこと)

学名
Ageratina altissima
(アゲラティナ・アルティッシマ)

和名
丸葉藤袴
[マルバフジバカマ]

英語の名前とは裏腹に、和名は、「藤色の袴」。
こういう和名って、いいなぁ…と思う。
ただ、日本にあるフジバカマは、藤色(青っぽい薄紫)でも、これは、白なので…白袴…?

開花時期:7月~10月
高さ:30~120cm
葉:ぎざぎざ。ざらざら。茎を中心に、左右対象に同じ高さに葉が出る。

通常よく見かけるのは、ミネハハクリーク(Minnehaha Creek)沿いの遊歩道。
いろいろな種類の野草の中で、白さを際立たせて咲いている。
そのたびに、「ああ、これは、White Snakerootだ~。和名は、丸葉藤袴」と心の中でつぶやいたり、太郎に言っては、通り過ぎる。

こうやって、花の名前はすぐに覚えられる

…でも…
アメリカ人の名前…となると、もう、覚えるのが大の苦手で…それがもう、とんでもなく…覚えられない。

アメリカでは、一度「知り合い」になると次からはもう、「Hi,Taco!」という具合に挨拶する。

「Hi!+名前」は、親しみを表す定番の挨拶。

そんな文化の中で、相手の名前が覚えられない、または、思い出せないという事態は、非常に…困る。

初めて会った時に、相手の名前を復唱してしっかり確認したはずなのに、つたない英語を駆使して右往左往しているうちに、「あれ?今話している、この人の名前・・・なんだったっけ?」と…話している途中ですでに忘れていることに気づく。。。

花の名前は、今回のWhite Snakerootも、和名の丸葉藤袴も、その名前から、イメージがぱっと浮かんでくる。
日本人の名前も、その名前の響き・漢字などから、だいたいイメージが浮かんできやすい。

ところが、アメリカ人の名前となると…何もイメージが浮かんでこない。

そう思うと、何かを覚えるには、頭にイメージが浮かぶことって大切なんだろうなぁ…と思う。

では、どうしたら、アメリカ人の名前を聞いて、何かイメージがぱっと浮かんでくるようになれるのだろう?
名前を漢字に置き換えるとか?

例えば、ご近所さんのお名前で試してみると…
…キャロライン。
えーと・・・きゃ?きゃ?伽?
ろ・・・露?呂?
ライン…ら・・・ら??・・・ら?羅?
いん。印…。
「伽露羅印」・・・・これはこれで、イメージが湧かなくもないけれど、名前…という雰囲気ではないなぁ。。。しかも、時間がかかり過ぎる。

散歩でもしながら、他の方法を考えます。
参考(外部リンク):

2 件のコメント:

Hit-chan さんのコメント...

私は花の名前は全然覚えられません~。というか、最初から覚える気が無いんでしょう。(笑)

英語の名前、確かに覚えにくいかも。前にカリブーで働いていた時は出来るだけお客さんの名前を覚えないといけなかったんですが、タイラーとテイラーとか、トムとティムとか、ジョーイとジョーとか、似てるけど微妙に違う名前とか、「あれ、どっちやったっけ?」ってよくなりました。それに加えて、同じロバートでもロブだったりボブだったりニックネームが違ったりしてややこしかったです。

Taco さんのコメント...

Hit-chan
似てる名前!ありますよね~。
私の場合、RやLが多用されているお名前を呼ぶ時は、事前に練習が必要です(笑)
呼び方って「本人が希望する呼び方」なので、本名を覚えていてもあまり意味がないんですよね。一方、花の名前は、たとえ間違えて呼んでも、気まずくならないので、気楽に覚えられるのかもしれません。